平成31年4月 訪問看護ステーション GRAND OPEN !

事務所で訪問帰りのスタッフを迎える心構え★

いつもブログをご覧下さりありがとうございます★

週明けから男性スターのサングラス装着率が20%から80%にUPしており、

「あれ?みんなで合わせましょう!」ってなったっけ?と自分を疑ってしまいました(笑

おかげで白黒ボーダー+サングラスを町で良くみかけるようになりました。

(見つけたらうちのスターです★)

目から入る紫外線って以外にも身体にダメージがあるんです!

サングラスつけていると日々の疲れがマシですね。あくまで個人の意見ですが、、、

サングラスコレクション★

 

今日は事務所で管理業務をしてくれているスターの

「訪問帰りのスタッフを迎える心構え」

を投稿したいと思います。

感謝の気持ちの表現として素晴らしい話を聞けたのでシェアします。

帰ってきたスタッフが心地良いように

そのスターは帰ってきたスタッフの顔を必ず見て「おかえり」と言ってくれます。それから「どうだった〰」と話を聞いてくれます。私はその姿を見て「この人は本当に凄いな」と思いました。

話を聞くと意識的にそうしているとの事でした。(こりゃ敵わんなと心底思いました。)

そのように意識している裏には自分が訪問介護員だった時に救われたエピソードがあったそうです。

どんな一流の接遇よりも大事なこと

管理者がまだ訪問介護員だった頃、訪問から帰ってくるといつも笑顔で迎えてくれるお母さんのような事務員さんがいました。その方に迎えられると訪問中に何があっても「よし!頑張ろう。」と思えたそうです。

そんな風に気持ちを落ち着かせてくれる存在。心の調和を取ってくれる存在が、どんな一流の接遇よりも大事なことだと感じたと語ってくれました。そんな空気感をSiegでも作りたいとそう考えていました。

(確かにそういった空気感は素敵ですね!)

それから彼女は「訪問をみんなに任せている身だから、感謝の気持ちを込めて笑顔でいってらっしゃい、おかえりと言うの。そして何かあったら私はここにいるからねと安心してもらえる言葉もかけるの。」と語ってくれました。

他には「事務所の雰囲気って凄く大事で、長く事務所にいる人がその雰囲気を作ると思うの。だから私はみんなが心地良いように事務所に帰ってこられる雰囲気を作るのも仕事だと思っている。」

どこまでも他者目線で仕事に望む姿に改めて尊敬をしました。

最後にSiegではどんな空気感が拡がれば良いですか?と聞くと、

「どの仕事にも平等に労うようにしたい。」と語ってくれました。

良い訪問をするには、みんなが事務所で心地よく過ごせるそんなバックグラウンドを大事にする仕事が必要不可欠。そういった当たり前に思ってしまいがちな中にも、関わっている人が労力をかけていること、気持ちを込めている事を分かり合える職場でありたい。

そんな思いがみんなに伝播して素敵な雰囲気を出し続けられる職場で在り続けたいなと思います。

空気感大事ですよね。空気感!

 

本日もご覧下さりありがとうございました★

素敵な一日をお過ごし下さい!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA