平成31年4月 訪問看護ステーション GRAND OPEN !

注)当社新型コロナウイルス対策について

いつもブログを見ていただきありがとうございます(!。!)

今回は当社の新型コロナウイルス感染予防対策の取り組みを皆さんにご説明させていただきます。

3つの「密」を避けるために

当社では新型コロナウイルスの性質上感染経路となる接触感染、飛沫感染の標準予防策と感染が起こりやすい3つの密

  • 「密室」
  • 「密閉」
  • 「密着」

を避けるべく以下の対応を実施しています。

職員の健康状態把握

出勤前、日中、退勤後の検温報告。(発熱時には上司報告義務化)

直行直帰の推奨 

スタッフ1人1人にipad支給し、記録や共有事項は電子媒体を利用して接触を最低限にする。

事務所にいる時も一定の距離を保つ

手の届かない範囲を保つ 昼食は出来るだけ対面での摂取はなくし、事務所で食べないことを推奨

事務所の常時換気

感染予防対策の徹底(マスク、アルコールによる手指衛生、手洗い)

 

感染予防の重要性

仮に新型コロナウイルスに罹患したスタッフが一人出た場合、職員は濃厚接触者と判断されて無症状ですが、14日間の自宅待機となる可能性があります。そのような状態になると最悪の場合は事務所全体の運営を中断しなければなりません。その際は現在関わらせていただいている利用者様への訪問が滞り、皆様の日々の生活や健康管理に大きな影響を与える事が予測されます。そのような最悪のケースを避けるために国から随時推奨される感染予防策と訪問介護、看護ステーションの特徴とを加味して対策を検討しています。

 

コロナウイルスが収束するまで継続的に皆様の生活、健康状態を支援させていただくまで当社として考えうる対策を継続しくことに努めて参ります。

体調にはお気をつけ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA