平成31年4月 訪問看護ステーション GRAND OPEN !

Sieg.★Letter Vol.9

【呼吸リハビリテーション】

をご存じですか?

 

今回のブログは、呼吸リハビリテーションについてまとめたSieg.★letterです!

リハビリテーション専門職にとっては、呼吸リハは身近なものではありますが、

看護師であっても務めていた診療科によっては聞きなじみのないものであったり、ケアマネジャーさんの中にも「言葉は知ってるけど、何をするの?どんな効果があるの?」という場合もあります。

 

確かに!

“呼吸リハビリテーション”は、一般的に身近ではないかもしれませんが、

“呼吸”は、私たちにとっては生きるために欠かすことのできないものですよね!

近年、私たちの対象となるご利用者様の高齢化が進んでいます。

それは、めざましい医学の進歩によって高度医療の適応が広がっていることや重症度が高い方でも在宅生活を送ることが出来る支援体制がある。

という側面もありますが、

高齢化に伴い複数の疾患を抱えながら生活を送っている利用者様も増えているという見方もあります。

実際、東京都健康長寿医療センター研究所の調べでは、後期高齢者(75歳以上)の約8割が2疾患以上、約6割が3疾患以上の慢性疾患を併存している。というデータもあります。

 

そんな日本の社会情勢にあって、呼吸療法、呼吸リハビリテーションの重要性は増すばかりです。

 

直接的に呼吸器疾患がある場合はもちろんですが、呼吸器疾患ではない方でも高齢による影響、不活動による影響、他疾患による影響で呼吸器に悪影響を及ぼすケースは珍しくありません。

 

「なんとなくだるさがあって寝てばっかりいる」

「家事をするだけでも息が切れる」

「痰が絡むけど出しにくくなってきた」

そんな日常の小さなきっかけを捉え評価した上で適切な介入をしていくことで長期的な健康度は大きく変わってきます!

(呼吸循環器系のリハに詳しいPTがSTARへ呼吸に関するレクチャーをしている様子)

 

Sieg.★には、

3学会合同呼吸療法認定士

心臓リハビリテーション指導士

といった呼吸循環器系に係る資格を持っているセラピストも在籍しています!

 

専門性の高い医療提供を行うことも、複数疾患を抱える方が多くなった現在の在宅現場においては強く求められることです!

 

STARの持っている専門性をチームで共有し社会に、地域に、新たな価値提供を継続していきます☆

 

今回は、呼吸リハビリテーションについてのSieg.★letter紹介でした!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA