平成31年4月 訪問看護ステーション GRAND OPEN !

Sieg.★Letter Vol.8

暑い…(・_・;)

 

とにかく大阪の夏は暑い。

そして在宅支援の夏は暑さとの勝負でもあります。

それは炎天下の中、自転車で駆け回る支援者だけでなく、

在宅で生活をするご利用者様にとってもそうなのです。

(エアコンの作動・操作方法を訪問時に確認)

 

 

「熱中症」

毎年、夏にはニュースになるのが当たり前になっていますが、

熱中症や脱水状態が大きな状態の悪化へ繋がることを知っているからこそ、在宅支援の現場では決して当たり前にしてはいけないと考えています!

 

そこで!!!

2019年の夏にSieg.★が掲げたのが、支援させて頂いているご利用者様の熱中症0(ゼロ)の道!!!

熱中症は予防が大事。

ということは誰もが知っているところですが!

それが理想通りに簡単に出来ない事は、在宅支援に携わる方々なら知っていることと思います。

 

行うことは…

衣服や寝具を夏物へ替える。

健康状態にあった適切な水分の質や量を検討し勧める。

住環境に合わせた換気やエアコン等の活用を勧める。

 

といったごくごく基本的な事ですが、

夏でも長袖が好きな方や、たらふくビールを飲んで水を飲まない方や、エアコンが嫌いな方がいるのも事実です。。。

 

なので、基本的な予防策個別性の高い関わり方で行っていけるかが重要ポイントですね!

例えばエアコン!

いざ、夏がきて冷房をつけようと久々に作動しようとすると!

「リモコンの電池が切れてる….」

「れ、冷風が出ない…故障か…。」

といったことも珍しくありません。

 

なので暑くなる前の5月6月頃から、訪問時にエアコンの作動チェックも行いました!

 

加えて、エアコンの掃除をながーーーーーーい期間行っていない方もいます。

しかし、知らない人が家に来るのは嫌。という方へ対して、自費プランを併用し一般的に行える範囲のエアコンクリーニングもご要望にお応えしてさせて頂くケースもありました!

これだけでも、冷房効率は大きく向上します!

在宅支援での熱中症対策は根気が必要です!

しかし、そこから得る信頼や成果も大きいものです!

 

ご利用者様と共にする四季を煩わしいものではなく楽しめるものにするため!

私たちは安心安全な在宅生活を支援し続けます!!!

そんなSieg.★の熱中症0の道についてまとめたSieg.★letter紹介でした!

 

次回も、ぜひご覧くださいませ(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA