平成31年4月 訪問看護ステーション GRAND OPEN !

9月も紫外線に気を付けろ☀

いつもブログをご覧下さりありがとうございます★

暑さが和らいだと思えば台風の季節ですね。ゲリラ豪雨でやられるスターが増えています。

でも抜群の皮膚感覚を持っている投稿者は風が吹けば雨が降る時間帯が分かります。(ただの田舎者です。)

しばらくは雨具は訪問必須ですね。みなさんも折りたたみ傘などお持ち下さい。

本日は当社スタッフが作成してくれた今月のSiegレターについて記載していきます。

今月は「紫外線」についてです。

えっ!?夏も終わりなのにSiegさん一ヶ月発行月を間違えてませんか?

いえ間違えていないんです!!

実は9月もまだまだ紫外線は強いんです。

さらに紫外線は強さだけに注目するのではなくて、私達の身体にどんな影響を与えているのかを知っておいていただきたいと思っています。

作者の日焼けコンサルタントです(嘘です。ごめんなさい)

日焼けは美容の天敵?いえいえ身体全体に影響が出ます★

俗に日焼けは美容の天敵と言われる事が多くないですか?実際にその通りなのですが、実は肌以外にも身体に影響があるのです!新事実と共にお届けします。

目から入る事でシミの原因のメラニンを生成してしまう

「紫外線を肌が浴びるとシミが出来る。」そう思っていませんか?

実はシミはメラニンという物質が原因で出来るのですが、直接肌に紫外線を浴びるだけではなく目から紫外線を浴びる事で体内に生成されてしまいます。(投稿者も日焼けコンサルタントに聞きました。)

そこでサングラスが重要になってきます。投稿者もサングラスつける習慣がなかったので、これを聞いてつけるようにしています。(そう言えば肌がすべすべに…という効果はまだ出ていません。)

男女問わず対策の一つにサングラスが必要ですね。

細胞を焼き払う活性酸素を作ってしまう

紫外線で恐ろしいのは美容だけでなく、全身への影響も出てしまうという所です。

紫外線を浴びると人の体内では「活性酸素」というものが生まれます。「活性」と聞くとなんだか元気が出そうで良い言葉ですが、これは物を燃やす「火」だと思って下さい。

活性酸素はストレスや暴飲暴食、過剰な運動、食品添加物や農薬の摂取などでも生成されますが、人の細胞を燃やして傷つけてしまいます。

それが「「疲労」に繋がります。

どんな暑さや疲労回復の手段を取っても紫外線予防が甘いと身体の細胞は焼けて壊れていってしまうんですね。

ちなみに太陽にさらされている果物は何故日焼けしないのかというと皮の内側に多い「ファイトケミカルス」という栄養素が守ってくれている事が分かっています。

これは第7の栄養素として今注目されています。

だからといって全部皮ごと食べるのは農薬が付着していので避けた方が良いと言われていますのでご注意下さい(何事もやりすぎは良くない)

毎日の積み重ねが少なくなるように

毎日の天候の変化が多い昨今ですが、日々の疲労を少なくする取り組みが結果的に毎日を元気に過ごさせてくれると思います(あれ?通販で良く聞く言葉になってきた。)

 

Siegではこれからも目の前の利用者さんだけでなく、地域の方の健康の役に立つ情報を発信していきます。

 

ご覧下さりありがとうございました★

それでは素敵な一日をお過ごし下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA